ラメールアリス 神秘の扉

アクセスカウンタ

zoom RSS 天秤座太陽の眞子さま、天秤座木星にて婚約へ―

<<   作成日時 : 2017/05/17 20:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日午後1時過ぎに情報伝達を示す水星が、安定をめざす牡牛座に入って数時間経った夕方
秋篠宮家の長女・眞子さまが婚約に向けて準備を進めていることが報道されました。
 夜には、お相手の小室さんのことも知られる状況になって、
お二人の誕生日がとても近いことに私は興味を覚えた次第です
 眞子さまは1991年10月23日生まれ。
 そして、お相手の小室さんは同じ年の10月5日生まれ
だそうです。
 お二人揃って天秤座太陽!
 そして、現在は公的チャンス拡大の木星が天秤座を進んでいるわけなので(今は逆行中ですが)、
昨年9月に天秤座入りしてこれまでの間に、天秤座に生命力の大元である太陽が位置するお二人に、結婚への公式の動きがあったというのは、なるほどと頷ける出来事でした。

 眞子さまの太陽は天秤座28-29度でほぼ終わりに近く、今年の1―3月には木星が被っていたわけですが、
今は木星は13度台にあって、小室さんの10-11度台の太陽、11-13度台の水星とかなりタイトに重なっています。
 このことが昨日まで一般人だった彼を、一夜にして日本中に知らしめる作用となったと考えられます
 そして、これから10月上旬までかけて木星は天秤座末まで進み、
8月下旬あたりからは眞子さまの太陽に木星が重なっていくことになります。

 いや〜、本当にめでたいですね!
 太陽+木星の幸運の作用を、見た思いがいたします

 星の配置を分析すれば、いろいろなことが言えますけれど、
眞子さまは月が牡羊座(20時過ぎの生まれだと牡牛座)の満月生まれで、とてもパワフルな女性。
[アルペンスキー部に所属していた当時の話として、「転ぶのもいとわない攻めの姿勢で滑っていた」ということが書かれていたこともあり、牡羊座月かなぁと感じます]
 と、相手の小室さんの愛情や女性の好みを表す金星は、なんと獅子座末で、
目立ち、注目されるような女性が好き、ドラマティックな恋愛ということになりますが、
牡羊座月の眞子さまは彼の金星が調和する好みのタイプの女性
 女性にとって月のサインは、女らしさや女性としてのあり方・雰囲気を示す指標になるわけで、
そんな月が相手の金星と調和しているのは、とてもいいですね(度数的にも、トラインの可能性が高いです)♪
 
 また、眞子さまの金星は清潔感のある乙女座で、木星と合になっています(愛と財に恵まれる)が、
小室さんの月は午前3時過ぎ頃までの生まれなら獅子座、以降は乙女座で、同じサインの可能性が高いです。
(眞子さまの繊細な愛情を受けとめてくれるデリケートさ、ち密さがたっぷり?)
 10歳でお父様を亡くされて、以後はお母様に女手一つで育てられたという話も、すでに何度も報道されていますけれど、
男性にとっのて月の位置は母や妻を表し、こちらも乙女座木星と合になっているので、母親や妻、女性全般から得られるものが大きい人ということになります

 この眞子さまの乙女座金星に対しては、
山羊座という社会性(地位や名誉、身分など)のサインに位置した天王星と海王星がトラインで調和
しており、
女性皇族としての控えめながら上品な雰囲気、格調高さ、品格、初々しさなどを示していると感じますが、
小室さんの木星も天王星とトラインで社会的広がりが強く、また月も天・海とトラインの可能性があります。

★私としては、この弱冠25歳の若い男性が、どのようにして皇族の女性と結婚する決意を固めたかが気になるところです。
 例えば、獅子座金星には小惑星ベスタ(集中し、身を捧げる)が合であり、情熱的愛情の持ち主なのでしょうけれど、それだけではなかなか踏み切れるものではないと思います。
 目を付けたのは、山羊座14度のドラゴンヘッドで、同じく14度の海王星とタイトな合、
さらに17度のジュノー(対人関係における権利の要求)、9度の天王星とも合であり、
他方には天秤座太陽・水星・火星がスクエア関係にて対立しています!

 日本社会において、象徴という位置づけを担わされている皇室は、
日本人の心情に訴えかけ、心のルーツになっているという意味で蟹座的であるとともに、
歴史的に社会の頂点としてシンボライズされているという点で、極めて山羊座的でもあります。

 その山羊座にて、ドラゴンヘッドが理想を示す海王星と重なっている生まれである小室さんですから、
天秤座という他者に見られることを本分とするサインとのスクエア対立は、
皇族と結婚する重圧を避けることよりも、むしろそこに向かって(どんな強い葛藤があっても)挑んでいく原動力として働いているのではないか
と感じている次第です。

 眞子さまは水星・火星・冥王星が蠍座(博物館学を専攻されてきたというのは、ピッタリ)で、深い洞察力と物事を徹底追及していく持続力を持ち合わせておられます。
 これからT木星が太陽に近づく反面、T天王星は彼女の太陽の真反対(月と合かも?)にあって、
見事に大きな社会的変化(皇族から除籍され、一般国民になること)を示してもいる
と思いますが、
どうぞ末永くお幸せに、そして眞子さまらしいチャレンジを続けていらしてください

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天秤座太陽の眞子さま、天秤座木星にて婚約へ― ラメールアリス 神秘の扉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる