テーマ:私の軌跡

T海王星が自分の太陽に乗ったとき、何かが変わった…

今日の話は私の体験です。  ちょっとばかり、めざましい感覚を感じているので、皆さんの参考にもなるかと思い、書いてみようという気持ちになりました。。。  私のネータルの太陽は魚座15.36度なのですが、 去年の4/21にトランジットの海王星が正確に乗り、 その後6月後半から海王星が逆行したため、再び8/21に正確に乗り、 さらに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重ねて、Blessingの感覚について

このところ2週にわたって、瞑想から得た新境地についてお話ししてきたのであるが、 先々週に書いた「天国(または極楽浄土)と見まがうような美しすぎる自然の光景」に関しては、その後も考察が続いているわけである。  もしや目の錯覚だろうか?と、その後も公園を歩く際などに立ち止まって、たくさんの葉や水面のさざ波、光の反射や揺らめきなどが織…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修羅を終える境地が出てきた…

 1週間前のこの欄に、「煩悩からの脱出とは?」というタイトルで、このところの瞑想のことなど書いた(こちら)が、 今日はそれに付け加えて、もう一つ考えたことを書いてみたいと思う。  前回は仏教の貪・瞋・癡(とん・じん・ち)のうち、怒りと貪りのエネルギーについて特に思うところがあり、 それらを抜けてニュートラルな自分を獲得していきたい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日は誕生日につき、星の記事は休みます。

 昨日の15時台に、Solar Returnを迎えました  ここから始まる一年間の展望を、ソーラーリターン・チャートを見ながら、じっくり練っております。  今年の私は2・6・11月にサターンリターンを、11月にジュピターリターンを迎えるというわけで、 人生の節目となる重要な年でもありますので、それらの図も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

AAカンファレンスの報告(2)

[昨日に続いて、AAカンファレンスのレクチャーについての報告をいたします]  3日間のレクチャーについては、申し込み時点ですでにスピーカーの名前と簡単な紹介、話の内容がわかるようになっています。  初日は夕方から全員出席のものが2コマですが、 2日目は1時間のレクチャーが午前中に3コマ、午後に3コマあって、それぞれ4つの内容から選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AAカンファレンスの報告(1)

9/18に帰国して、10日ほどが経ちました。  心身とも、ようやく落ちついてきましたので、このあたりで今回の研修であるAA(The Astrological Associationイギリス占星学協会)の49th Annual Conference について振り返っておきたいと思います (写真はオープニン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

業務再開のお知らせと、とりあえずのご報告

皆さま、ご無沙汰いたしました  今日から業務に戻っております。  現在、乙女座火星・水星・月がトリプル・コンジャンクションで、魚座海王星とオポジションになっています。  山羊座冥王星が水星・月と海王星のオポを調停していますので、現実的な集中力も維持しているつもりでおりますが、 先週前半は乙女座太陽と海王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は誕生日につき、ソーラーリターン図を少し…

 魚座15.36度が私の太陽の位置です。  昨日の午前にソーラーリターンを迎えました。  ミスティック・レクタングルができていました  それぞれ2つずつのトライン120度とセクスタイル60度、オポジション180度を構成する4つの惑星からなる配置で、 本当に長方形(rectangle)をしています。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

新年の抱負へ向けて―Fortune-tellingとDivination

(前回から続く)  昨日は、占星学の本場・イギリスで感じた「西洋社会のなかでの占星学の位置づけ」について書いてみた。  そのようなことについては、今年の10月に日本占術協会のシンポジウムにて拝聴した鏡リュウジさんの講演においても語られていたので、ちょっと紹介したい。  鏡氏いわく、「占い」は「Fortune-telling」と英訳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリスにおける占星学の位置づけとは?

(前回から続く)  日本における占星学やその他の占術に対する扱い(世間一般の目)は昨日書いたとおりだが、 占星学の本場であるイギリスでの状況はどうかというと、歴史的にさらに厳しい体験を経てきているのが、現地でのカンファレンス(2014年 AA イギリス占星学協会)に参加してみて伝わってきた。  イギリスでは占星学研究の歴史も長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

占星学のあり方を考える。

(前回から続く…)  というような次第で、私の近年は占星学研究や仏教・神道・瞑想の勉強などに打ち込むことのできる状況になっているが、 このところかなり熱心に向かってきたため、自分ではこの世の中において、とてもまっとうなことに真摯に取り組んでいるつもりになっていた。  周囲にも、そのようなテーマに関心を持つ人たちが増えたので、私とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年末の振り返り(私と占星学の関わり)

(前回のブログで、年末に「日本における占星学のあり方と今後の展望」について考察するかもというようなことを書きました。それを書こうとしていますが、まず自分のこれまでについての振り返りから、始めることとなりました。 面倒な方は飛ばしてください)  私が「西洋占星術」を勉強しはじめたのは1990年の春過ぎだったと記憶しているが、 その動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私のチャートにグランド・セクスタイルができた!!

 グランド・セクスタイルとは360度のチャートのなかに、60度のセクスタイルが6つ連結されたもののこと。  見方を変えれば、二つのグランドトラインと三つのオポジションを内包し、 ヘキサグラム(六芒星形)を形作ることになるのだけれど、 今週初めに何気なく自分の三重円を出してみたところ、この形ができていたので、かなりビックリした! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウエブサイト・リニューアルのお知らせ

 このたび、ラメールアリスの公式ウエブサイトの内容をリニューアルしました  全体のデザインを変えたわけではなく、鑑定のシステムもこれまでと同じですが、 このところの状況に合わせて全体的に項目を見直し、個々の内容に手直しを加えました。  この仕事に本格的に移行して4年ほどになりますが、 その間少しずつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

占いコンテンツ「錬愛占」が、楽天占いに登場!!

 先月Yahoo占いにて初お披露目となりましたラメールアリス監修の占いコンテンツ「錬愛占」ですが、 3月から楽天占いにてリリースされております  無料お試し部分もありますので、いろいろ試してみてくださいね~♪  こちらから、ご覧いただけます。  どうぞ、よろしくお願い申し上げますm(^o^)m ★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yahoo占いに初コンテンツがリリース!!

 バレンタイン前の期間限定で、ラメールアリスの占いコンテンツ「錬愛占」がYahoo占いにリリースされました  こちらから、ご覧いただけます。 無料部分にてお試しいただけます。  2/14までの表示となっておりますので、お早めにチェックしてみてください♪  どうぞ、よろしくお願いいたします((m(^o…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AFAカンファレンスの報告

 AFA(American Federation of Astrologers=アメリカ占星学者連盟)のカンファレンスは、隔年春にアリゾナ州Tempeにて行われている。  昨年9月にイギリスのAAカンファレンスに出席した私だが、それは実は1月の猫の死によるショックから立ち直るための行動で、 名古屋の金子先生からは「AFAのカンフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユキコ・ハーウッドさんのリンクページに載せていただきました♪

 昨年9月に、イギリスAAのカンファレンスにてお近づきになったユキコ・ハーウッドさんのオフィシャルWebサイト<星の架け橋 Your bridge to the Stars>のリンクページにて、 このたびラメールアリスを紹介していただきました  とても光栄です。  リズ・グリーンさんの心理占星学学校で3年間学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

射手座の時期の国際性(しかも、精神世界的な…)

 射手座の太陽と金星が合で、楽しいことが発展しそうな今であるが、 さらには今週末の28日になると水星も射手座に進んで、国際的なこと(国境を越えたボーダーレスな事柄)が発展しそうなエネルギーになる。  と、小惑星も見ると、養育のセレス・熱狂と献身のべスタがともに射手座に進んでいて、 セレスは金星と合でこれら2星が牡羊座天王星とトライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Astrological Journalに写真が掲載されました♪

 イギリス占星学協会(AA)の機関誌であるThe Astrological Journalは隔月で発行されていますが、 つい先日送られてきたものを開いたところ、「AA Conference Report: Photo Gallery」という見開きページ(一番下の写真)に、ヴェールを被ったラメールアリスの写真が載っていたので、自分で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

追悼(イギリス行きを終えて)

 今回私にAAカンファレンスに行くことを決断させたのは、今年1月23日未明に起きた愛する猫シェリの死でした。  諸々の片づけを終えてからも、どうしても気持ちが落ち込んでしまっていたため、そこから這いあがろうとして模索しているうちにAAのサイトに9月のカンファレンスの申し込みがあるのを見つけて、 1カ月ほどリサーチをした後に思いき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AAカンファレンスの報告(プレ)

 今回のカンファレンス参加は、12年半ともに暮らした愛猫を1月末に亡くした私が、なんとか気持ちの落ち込みから立ち直ろうとしたところから始まった。  1カ月ほどショックの渦中にあったが、ふと思いついて占星術ソフトなどを検索し、その延長でAAのサイトを見たところ、「9月のカンファレンスの申し込みの早割(Early Bird Price)は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AAのパーティーでの衣装写真

 1週間前に送られてきた詳細な案内の文書には、「Mars in Scorpio またはMars in Sagittarius を示す服装をしてくるように!」と書いてありました。  というのも、そのパーティーが行われた9/13の夜、イギリスでは火星が蠍座から射手座へ移ることになっていたので。。。  (そういうことは、もっと早く言っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ラメールアリスの英文プロフィール

今回のAAカンファレンス参加に際しましては、拙い英会話能力を補うため、事前に英文プロフィールを作成していきました。  私が懸命に書いた英文を、英語のプロにチェックしていただきましたので、正しい英文になっているはずです。  興味のある方はこちらからご覧ください。 (ちなみに、Harumi Tsudaというのはラメールアリスの本名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研修(AAのカンファレンス)から戻りました。

 9/12-14までの3日間、イギリスのWYBOSTON LAKES HOTELにて開催されましたAA(Astrological Association of Great Britain=イギリス占星学協会)の第46回年次大会に参加し、本日無事に帰国いたしました。  セミナー満載の3日間で、数多くの占星学の学びが得られたことを報告いた…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

9/11-19はお休みいたします。

 明日9月11(木)から19日(金)は占星学の研修のため、すべての業務をお休みさせていただきます。  このブログの更新も行いませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。  皆様によいご報告ができますよう、しっかり頑張ってまいりたいと思いますm(^o^)m
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカイプによる鑑定を始めました♪

 先月来、導入を試みていましたスカイプですが、無事開通して通話テストも済ませましたので、 これからはスカイプによる鑑定も受け付けてまいります。  西荻窪の鑑定ルームでの対面鑑定では、鑑定後に料金をお支払いいただいておりますが、 スカイプ鑑定では電話鑑定と同様、予めご希望の時間分の料金をお振込みいただくことになります。  また、画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人的なことを申しますと…

 ふと見ると、私のネータルのアングルに、現在のトランジット木・天・冥のTがほぼ乗っているんですね  来月中旬から、火星も度数的に近づいてカーディナル・グランドクロスになると、 クロスの4星がすべて1・4・7・10カスプに乗る形になります (ASN-DESの軸は牡羊-天秤の15度、MC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

占星術のシンボリックな意味

 先週(2/25)、「占術のスキルと精神性」という記事を書き、丁寧なコメントをいただいた。  西洋占星術の細分化したジャンルを追っていくなら、キリがないという印象を私は持っている。  それらの法則がどの程度合っているかを実証するには時間がかかるし、 細かいメソッドを追いかけすぎて肝心の人間の真実から遠ざかってしまうようであれば、ど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

太陽・金星と水星の合にて、経本を落手

 現在は金星と太陽も合の圏内に入っていると思われるが、 山羊座水星が太陽・金星とそれぞれ重なった昨夕、年末にお願いしていた法華経の経本が手元に届いた。  山羊座という権威的伝統的なサインにて、文書や知識を表す水星が太陽や金星と手を取り合ったことで、学ぶことに意欲し、楽しみを見出せるがごとき境地である。 (太陽と合になった水星・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more