テーマ:パワースポット

観音霊場としての高崎・観音山

 3月末に貫前神社に行った際、宿泊した高崎に「観音山」という市民憩いの山があるのを知って訪ねました  名前の通り「観音」がテーマのスポットがいくつかあり、興味深い場所となっています。 [ウイルス禍のさなかではありますが、観音のお力によって世界の皆様が救済されることを願って、報告させていただきます]  遠目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星祭り霊場の少林山達磨寺

 3月下旬に群馬県の貫前神社へ参拝した折に、高崎達磨で有名な少林山達磨寺にも行くことができました  禅宗の一派である黄檗宗のお寺で、 ナチス政権から逃れてドイツから亡命してきた建築家のブルーノ・タウトを受け入れたことでも知られています。  タウトは妻のエリカとともに、昭和9-11年の2年3カ月を達磨寺境…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月末、貫前神社に参拝したこと…

 3月末の25日、年・月・日の盤がすべて七赤中宮でして、今年の吉方参りに出かけました  コロナウイルスの件で7日と16日の二度、宿泊の予約を見送りましたが、 25日の前週はあまり騒がれなくなっていましたので、意を決して行ってみることにしたものです。  群馬県富岡市の貫前神社(ぬきさきじんじゃ)です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月に、今年最強の祐気取りができます!

 一昨日、七赤金星中宮の今年の気が始まったことについて説明しました。  立春より、七赤金星を中央に据えた令和2年の年盤が始動したわけですが、 同様に七赤中宮の月盤になるのは、啓蟄の3/5から―  気学では3/5から4/3までが3月で、4月は清明の4/4から始まります。    というわけで、年と月の盤が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祐気取りで戸隠へ

今年の祐気取り旅行として、かねてから行きたいと思っていた戸隠へ行ってまいりました  私にとって戸隠は西北方向で、事業運や勝負運をいただける方角です  戸隠はもともとは平安時代より修験道の霊場として発達してきた地で、寺としての歴史が長いのですが、 神仏分離令によって明治元年に寺が切り離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七面山にて滝行

 昨日から、山梨県身延の七面山に出かけておりました。  日蓮上人にゆかりのある法華経信仰の聖地でありますが、 そちらの雄瀧と呼ばれる雄大な滝にて、私が属しています瞑想のグループは例年滝行を行っていまして、 今年はそれに参加させていただきました  私は母方が日蓮宗で、 何度も書いているように池上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が国に伝わる「三種の神器」の存在とは?

 先月来の天皇譲位の儀式で私が注目したのは、「三種の神器」が何度も出てきたことです。  前天皇陛下が伊勢神宮に退位を報告されに行かれた際も、三種の神器のうちの剣と勾玉がうやうやしく車に乗せられており、 その後の多くの儀式で登場していました。  むろん、話には聞いていましたけれど、 三種の神器が実在し、念入りに包まれた剣と勾玉が厳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇室と天候の関係の不思議

今朝7時45分の新月前の早朝から、牡牛座月が山羊座土星とトラインになり、その後昼前からは山羊座冥王星ともトラインに踏み込んだ今日―。  牡牛座太陽と土星は3日からトライン、冥王星とは明日からトラインの上、 明後日7日には水星も牡牛座入りしまして、 長い連休の終盤から連休明けにかけて、地が踏み固められたような堅実さが世の中を覆っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月は最大パワーのお水取りのチャンス!!

 今年(平成31年/5月からは令和1年)の年盤は八白中宮ですが、 5月の月盤も同じく八白中宮ですので、日を選ぶとパワーが大きい祐気取り・お水取りをしていただけます  同じく八白中宮になるのは、5/7(火)、16(木)、25(土)の3日間。  時盤も合わせて4盤揃えとなるのは、いずれも午前7-9時です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都ラビリンス

 慌ただしい日々を過ごしているうちに、時間が経ってしまいましたが、 2月の京都行きで、その昔4年ほど住んだ場所の近くを巡ってみましたので、 平成が終わらないうちに書いておきたいと思います。  さて、私は学生時代に北野白梅町近くに下宿していたものの、 当時は神社仏閣にまったく関心がなく、かの有名な北野天満宮も入口のあたりを一度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏見稲荷大社のお山巡り

 2月半ばの出張で京都に呼ばれた私は、昨年9月の京都行きの際に台風の影響で果たせなかった伏見稲荷大社のお山巡りを、早くも果たすことができました  9月には、奥社までしか入れず、その奥に広がっているという膨大なお山の神域に踏み込むことはできませんでした。 (9月の記事はこちら) (伏見稲荷大社のサイトに示さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の祐気取りは?

 2/4の立春から、1週間ほどが過ぎようとしています  新しい一年の気が始まったところで、早いうち(2月か3月)に吉方の神社にお参りに行く(参拝またはお水取り)ことが、 気学では推奨されています。  2月に吉方があるのは、一白・二黒・三碧・四緑・五黄・八白の方で、 3月は二黒・五黄・七赤・八白の方となって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神泉苑の恵方社

 11月に入りましたので、京都巡りのレポートをまとめてしまいたいと思います。  かつて京都に住んでいた頃、帰省時に駅へ向かうバスに乗っていると、「神泉苑前」というバス停を通ることが、よくありました。  赤い橋と庭園風の佇まいが垣間見えて、気になってはいたものの、わざわざ降りてみたことはありませんでした。  今回、その神泉苑に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風葬地・鳥辺野と六道の辻の記憶を辿る…

 前回、禅寺の庭の件で書いた建仁寺近辺には、多くの興味深いお寺や神社があって、 京都に5年も住みながらも行ったことがなかったので、今回は訪れることにしました。  調べてみてわかったのは、京都には三大風葬地というものがあるということです。  嵐山の北にある化野(あだしの)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禅寺の庭の意味を、初めて理解する…

 9月の京都巡りの続きですが、、、今回の京都行きはやや不思議で、方角には悪い部分もあったのだけれど、やはり行く意味はあったと思っています(写真は紅葉で有名な東福寺…青紅葉ですけど、私は好きです)。 ●出かけるために懸命に行先を選定し、調べていた旅の1週間前に、大きな封書が届きました。  それは、2年前に「京都へ移住したいが、見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏見稲荷大社のお山巡りをしたかったんですけれど…

 京都巡りの第三弾は伏見稲荷大社です。  こう見えて私は関西に8年間住んでいたことがあり、当時は神社仏閣にとんと興味がなかったのですけれど、 伏見稲荷には人と連れだって行った思い出があります。  でも、それは恐ろしく昔のことで、伏見稲荷も最近の混雑ぶりとは違って、あまり人も来ていなかった印象があります(近頃はSNSの「インスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土宗総本山・知恩院へ

 さて、9月前半に訪れた京都の寺院の続きであります。  今回、比叡山の研修に参加したのは、比叡山が仏教の歴史を語る上で、一つの要となっていると認識していたからです。  日本における仏教の展開としては、飛鳥時代の聖徳太子ゆかりの7寺院が関西にはありますが、 その後、奈良時代には平城京にて南都六宗(法相宗、華厳宗、律宗など)という学問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比叡山参拝のご報告

  私が所属しております日本占術協会では、毎年9/9を「世界占いの日」として行事を行っていますが、 今年は大阪支部により比叡山の参拝が企画されました。  通常では入れない大書院を特別に拝観させていただけるほか、 故酒井雄哉大阿闍梨さま直系の藤波源信大阿闍梨さまによって特別の法話と御加持を授けていただけるとのことで、 人数は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山阿夫利神社でお水取りをしました。

 今日は年と月と日の盤が揃う日ということで、パワーの強いお水取りができますので、私にとっては南西にあたる大山阿夫利神社に出かけました。  先週後半から35度を超えるような酷暑が、日本各地で続いており、 西日本で被災されている方々のご苦労を思うと辛くなります。  しかし、こう暑すぎると自分の体調を維持するだけでもたいへんで、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏越しの大祓い

 6/30の今日、一年の半分が過ぎたことになります。  この半年分の穢れを祓い、清々しい気持ちで明日からの後半に臨むべく、 近隣の神社にて夏越しの大祓いの儀式を受けてまいりました。  声を出して三つの歌を詠みながら、茅の輪を三回潜り、 すっきりした気持ちでPOWER UP!  日々の生活で知らず知らずのうちに付いてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月7-19日はお水取りの好機!

 今年の7月は、年盤と月盤が九紫火星で揃います。  日の盤も合わせると、強力なお水取りができることになりますが、 20日からは土用に入るため、お水取りは19日までです。  うち年・月・日の3つの盤が揃うのは7日と16日―。 とはいえ、7月の盤に入るのは7日の午後12時42分なので、7日は微妙です。 (時盤も揃うのは17-19時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田山にて祐気取り

 今日は私にとって東の方角が吉方となりましたので、成田に向かいました。  東京から東の方角のお水取りは、該当する神社が少なく、 銚子の猿田神社で行ったこともありますが、肝心のお水に「?」マークが付いたため、 以来、成田山新勝寺の水行場にてお水を汲ませていただいております。  新勝寺はむろん寺ですけれど、真言密教として不動明王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様からの応答があった…

 太陽が魚座入りしたばかりの2/20のこと、私はいつものように善福寺公園を散策していた。  源頼朝一行が奥州征伐へ向かう途中、土を掘って飲料水を求めたが、出るのが遅く「今や遅し」と待ったことから「遅の井」と命名された小さな滝の向かい側、池のなかの小島に、 市杵島神社という無人の小さな神社があって、市杵島姫命(いちきしまひめのみこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大國魂神社にて参拝

 立春を過ぎて新しい気に入ったので、お参りに行ってきました。  今年の2月は五黄中宮にてお水取りはできないため、参拝のみいたしまた。  3月も、お水取りできるのは五黄と八白の人のみで、 4月は一白と二黒の方もできるものの、後半は土用に入ってしまうため前半のみで、けっこうお水取りが難しい年と言えそうです。  ちなみに7月は年と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武蔵御嶽神社と御岳山へ

 早いもので、方位学の講座を初めて受けてから、12年半の歳月が経った。  出かけてみたところ、それはうちの父親も入れ込んでいた気学の講座で、 しかもお水取りを推奨する先生だったため、初回から「吉方の神社でお水取りをするように」言われて、気乗りがしなかった。。。  だが、なぜか言われた日にその方角で用件が生じて、初めてのお水取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソールズベリー大聖堂(Salisbury Cathedral)のこと

 先月のイギリス行きにて、ストーンヘンジからの帰りにソールズベリーの大聖堂に連れていっていただきましたので、その報告をいたします。  街に入ると、美しい尖塔が遠くからも見えて、「あそこに行かなければ!!」と思わせるような場所になっています。  街も美しく、よく手入れの行き届いた公園や感じのいい川辺などを通って、大聖堂へと向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストーンヘンジ(Stonehenge)の報告

 先月のイギリス行きにて、2泊3日のカンファレンスの後で、かの有名なストーンヘンジへ行きました  イギリスにはEnglish Heritageという組織があって、国内の400を超える建造物、遺跡などの歴史的遺産を保護管理しています。  Stonehengeを検索すると、このEnglish Herit…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒川神社の方徳資料館

 4日ほど前に八方除で有名な寒川神社に参拝したことは報告しましたが、 辺鄙な場所にあるにもかかわらず、平日の昼間にかなりの参拝客を集める隙のない神社という印象を持ちました。  全国でも唯一の方位を中心とした神社ということで、その位置づけや特色も独特のものですけれど、 参拝に来た人々はほとんど祈祷(3000円~5万円以上)を受け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

八方除の寒川神社へ

 今日は西南方向の祐気取りとして、神奈川県の寒川神社へ行ってきました。  こちらは相模國一之宮であるとともに、全国唯一の八方除・方位除の守護神として信仰されています。  地相・家相・方位・日柄・交通・厄年などに由来するすべての禍事や災難を取り除き、家業繁栄・福徳開運をもたらすご霊験あらたかな神様とのこと。  平日だというの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父・寶登山神社でお水取り

 2月末に秩父・長瀞の寶登山神社にて、お水取りをいたしました。  私にとっては西北方向にあたり、勝負運や事業運、天命を知る方角となっています。  秩父は自然の湧水も多く、私はこれまで秩父三大神社の一つである三峯神社に泊りがけで何度か行きました。  三峯神社もすばらしく霊験あらたかですし、秩父駅近辺の秩父神社もよいですが、 お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more