水星のアスペクトから学ぶこと

 獅子座水星に対して牡牛座天王星が正確なスクエアとなったのは、昨日10日のこと
 両星は7日よりスクエア圏内に入っていました。
 水星の動きが速いので、このアスペクトは13日には抜けていきますが、
人々の考えや意識を司る水星が天王星とハードアスペクトになると、批判的な目が強まって辛辣な意見が出回ったり、手厳しく容赦ない発言が増えたりします
 そして、現在の獅子座水星は確かに正義漢であり、それによって自分の考えや意見は正しいと思っている人も増えていると思われますけれど、
その正義の意識を人にぶつける際に自己中心的になりがちで、またきつい物言いや態度になってしまいやすい
ということがありそう…。
 
●日本ではちょうどお盆休みのシーズンにあたり、いつもの年なら多くの方が帰省するわけですが、
今年は「異例の夏」ということで、「東京在住者は帰省も旅行も控えるように」という都知事の呼びかけがあり、
しかし、政府は「帰省は自粛の対象ではない」というようなことを言ったり、さらに各県の知事の方たちが様々なことを言われているため、
結局は個人の責任に委ねられている趣が…。
 PCR検査を受けた後に青森に墓参りのため帰省された方のご実家に、きつい言葉で帰省したことをなじるような内容を記した紙が投げ込まれていたという報道が、数日前にありましたけれど、
この獅子座水星-牡牛座天王星の影響をまざまざと感じました
 そのような意識というのは、報道はされないまでも至るところに発生している模様で、
とある知事の方はわざわざ「誹謗中傷はせず、温かな気持ちで迎えるように」というようなことをおっしゃっていました。

●帰省のみならず、「マスク着用」などウイルス対策のための新しい生活習慣においても、
マスクがなかったために電車内でハンカチで口元を押さえていたところ、「あんたのような人がいるから感染が増えるんだ!」みたいな批判をぶつけられたというような話も見聞きしています。
 何らかの事情で、そもそもマスクを着けられないという人もいるとのことで、
そのことを示すためにバッヂやステッカーを作って付けているとの声も聴きます。
 先月は蟹座水星が牡羊座火星とずっと(今月初めまで)スクエアでしたし、先月末からは山羊座3星と次々にオポになってもきたので、
他者攻撃や批判的言動、社会的規制などが強く、人の言動や視線などに傷ついた人も多かったのではないでしょうか。。。

 かと思えば、クラスターデモというアクションを行っている方たちもいるそうで、
「デモ後に、ノーマスクで山手線を一周する」というような活動をして批判が殺到しているとのことです
 「コロナはただの風邪」「マスクやソーシャルディスタンスは不要」などと主張して、7月の東京都知事選に出馬して落選された方が呼びかけているそうですが、
「マスクは奴隷がつけるもの」というような発言もされているとか…。
 そのような常識を無視した身勝手な発言というのも、まさしく水星-天王星スクエア的なものと言えます。

★突然のウイルス禍によって、この半年ほどの間に社会もたいへんなことになっており、
いつになったら普通の状態を取り戻せるのか(または、新たな普通に至るのか)まったく見通しがつかない。
 というわけで、人々の苛立ちやストレスが積み重なることによって、
世の中から寛容な雰囲気が消えていくようなのが恐ろしいです
 ウイルスは個人の力ではどうにもならないにしても、
相互監視社会のぎすぎすした感じは早く終わってほしいものです。

 
 水星の動きが速いために、やはり7-13日あたりに成立するのが、牡羊座キロンとのトラインです。
 個人の心の傷やトラウマのみならず、社会や人類、歴史などに刻みこまれる傷とそこからの癒しを表すキロンが、獅子座水星とトラインにて調和することによって、
獅子座水星の持つ正義の意識が、人への寛容さを伴って真実を語りはじめるエネルギーを獲得しそうです

 ファシスト的・排他的にバツを付けてまわるのではなく、
個別の事情や痛みに思いを馳せる想像力を持つことによって、温かい癒しの波動を世の中に送っていくことができそう
 獅子座水星の真に理想主義的な側面を引きだし、
一段高い見地に立った人との結びつきや連帯へと繋げていける見込みです。。。
 水星とのトラインの期間は長くはないものの、
キロンは、もうじき獅子座入りする小惑星ベスタと、来月上旬にかけてトラインになります。
 自分や相手の傷口に目を向けることによって、
正々堂々としていて、なおかつ温かい意識や感覚が戻ってくることを望まずにはいられません。


水星はすでに獅子座太陽との合に入っており、
14日からは牡羊座火星とのトラインも成立
します。
 天王星とのスクエアによる斜に構えたようなものの見方や、やさしくない物言いや態度が減って、
火のサインのクリエイティブなパワーや情熱によるポジティブなオープンさが全開していきますよう願っております

くる天 人気ブログランキング
[クリックでのご支援、よろしくお願いいたします♪]

"水星のアスペクトから学ぶこと" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]