金星も逆行を始めた…

 月曜日の土星逆行に続いて、昨日13日の15時46分、双子座金星が逆行に入りました
 今夜遅くには、さらに木星も逆行を始める予定です。
 昨年12月以降逆行する星が一つ以下、3月中旬からはゼロだった流れが、
4月末の冥王星逆行から始まって、今週起きる3星の相次ぐ逆行により、
秋口にかけての逆行に多い状態に移りかわったことになります

 今回の金星逆行は6/25までの1カ月以上続きます。
 金星逆行自体はしょっちゅう生じるものではなく、1年半に一度程度の頻度だそうで、
前回は2018年10-11月に起きています。
 今回双子座で逆行することによって、魚座海王星とのスクエアが二度生じる運びになります
 これは4月下旬から形成されてきたアスペクトで、
6/2までオーブ6度圏内で維持された後に、金星はさらに度数を減らしていきますが、
6/25に双子座5度で折り返して再び度数を上げていき、
7月下旬から8/4にまたしても海王星とのスクエアを作ります。

 金星逆行には愛情や金銭に関して、うまく表現できなかったり立ちまわれないような支障が生じやすくなるという説明があるわけですけれど、
双子座金星というわけで、現在世界中の問題となっている新型コロナウイルスが冒すとされる「肺」や呼吸器にも関係しているものと思われます。
 その双子座金星が「ウイルス」の表示ともいえる魚座海王星と再度スクエアを作ることになりますので、
双子座太陽-海王星のスクエアが6月中旬で抜けて、双子座金星も順行に戻って一段落したとしても、
7月下旬から8月初めに、またぶり返すというようなことが起きやすいかもしれない…。
[ついでに言うなら、ノード(ドラゴンヘッド)が現在双子座末に入ったところですが、
8月下旬から2021年3月前半まで、やはり海王星とのスクエアになります。

人とのコミュニケーションの発展や情報の流通をめざす位置である一方で、
そこにシャドウを投げかけるウイルスの存在と、感染症の克服をめざす人類というところでしょうか]

 金星は5/29-6/8には、海王星と同じく魚座に位置する火星とのスクエアにもなりますから、
一方で双子座金星の意味するオンラインの楽しみや人とのコミュニケーション、SNSなどの活発化やがむしゃらな態度にも繋がるでしょうけれど、
こちらもまだまだ呼吸器が脅かされるリスクを表示しているように見えます

一般に金星逆行は、愛情表現に負荷をかけ、
愛する人にうまく思いを伝えられなかったり、そっけない態度をとってしまったりということが起きやすくなる
と言われています。
 素直に思いを示せない。
 愛情の未熟さが露呈したり、あるいは難しく考えすぎてしまったりということも出てくるかもしれません。
 好意を示すことに内気になったり、逆に無謀な行動に出てトラブルを招くという恐れも…。
 愛情について内省することが増え、
過去に好きだった相手や元彼のことを思いだしてみる場合もありそうです。
 この際、じっくり自分の愛情のあり方について、思いを巡らせてみるのもいいでしょう

 他には美容やファッションについて、自分なりの課題があるようだったら見直したり、
金銭的な問題もすぐにはすっきりできなくても、あれこれ解決策を探る。
 それらのテーマに関して、すんなり進んでいきにくい期間になりますが、
立ち止まって、じっくり自分のなかで考えていくなら、
金星が順行に戻ったときに、考えたことを実行に移していける運びとなるはず…。

 こじれていることがあるなら、この機会に課題を見つめなおしていってくださいね

くる天 人気ブログランキング
[クリックでのご支援、よろしくお願いいたします♪]

"金星も逆行を始めた…" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]