天秤座金星のハードもピーク!!

 昨日は蠍座水星-牡牛座天王星のオポについて書きましたが、
今週のもう一つのハードは、天秤座金星と山羊座3星のスクエア
 11日までの天秤座水星を引き継ぐようにして、
10日に山羊座木星、11日に冥王星とのオーブ6度のスクエアに踏み込んだ金星は、14日には土星ともスクエアになって、
度数的にも昨日が冥・木とのスクエアのピーク!!
 昨日見たように、蠍座水星は天王星とのオポによって、経済問題への対応や、無理難題の意見表明、未来志向の宇宙船打ち上げと多々なことを引き起こしているわけですけれど、
楽しみや美、社交などを旨とする金星が、山羊座の星たちとハードで対立することによって、
これまた様々なエネルギーを発している
模様

 悪いことばかりではなくて、
ちょうど双子座20度あたりのドラゴンヘッドが金星とトラインの位置にありますので、
好奇心を持って話題のスポットや興味のある場所へ出かけてみたり、
人との楽しいお喋りに興じてみたりというのは、
天秤座金星の優れた資質を引きだし、幸せを享受できるポイントになりそう


 14日まで続いてきた牡羊座火星の逆行も終わって、今はスムーズなエネルギーになっているほか、
金星-火星のオポもそれとともに抜けました
ので、突発的なことというのも少なくなっているものの、
木星や冥王星とのスクエアは物質的なものへの欲望を掻き立てるものらしく、
私もこのところは毎週のように「楽しみの時間」を作るよう心がけています
 今年はやはりコロナの影響で、誰もが社会的抑制を受けて生きていると思うわけですが、
夏の暑さもなんとか乗り越え、10月あたりはやらねばならないことを牡羊座火星-山羊座3星のスクエアにて、しゃかりきにやってきた…。
 11月に入って気候もそれなりに落ちついたし、周囲のハードな話は耳に入ってくるものの、
これまでの抑制の反動もあって、何か息抜きにスカッと楽しめることをしたいという気持ちが出てきているようです(私の場合)。
 というのも、来月はもう年末ですけれど、
例年のような皆で集まって盛りあがるイベントはしにくいという、今年の事情があります。
 そこで、今から少しずつ自分でできる楽しみを実践し、楽しみの分散投資を図りたいという思惑が隠れている模様。。。
 先週は、実は山へ行って、よい気を吸収してきましたし、今日はとある展示を見に行きました。
 12月にも、近場で行ってみたい場所というのを見つけ、吉方になる日に行ければいいなと思っているところです。

 そのように、いつもの楽しみができなければ、違う楽しみを見つけてやってみるのも(こんなときしかできないので)貴重だと思うわけですが、
人も似たようなことを思うものらしく、
ちょっとおしゃれなお店でのランチのお誘いや、今日はキャンプのお誘いというのが来ました(こちらは日程的に無理でしたけど)。。。
 皆も金星-木星・冥王星スクエアによって、
やってみたいことの欲求が強まったり、ゴージャスなことをしてみたいとか(金―木スクエア)、「やや費用はかかるにしても、この際やっちゃおう」的なノリがあるよう
なのですが、
 そんな12月にかけての欲張りプランを立てながらも、
皆の心に重くのしかかっているのは、感染拡大のリスクと不安

 いわば山羊座土星からのスクエアによって、
現実の厳しい制限をかけられ、不安や恐れのなかで楽しみを抑圧されている…。

 いつもだったら「楽しい」だけで進めるはずが、「この先どうなっちゃうんだろうね?」という恐れが常にぶら下がっている感じで、
その反動ゆえに、やや値の張る店とか非日常的なプランへの欲求も強まっているように思います
 冥・木とのスクエアは、金星が21日に蠍座に進むとともにほぼ抜けていきますが、
土星とは25日まで残るとともに、23日以降は牡牛座天王星とのオポ
が出てきます。
 土星に抑圧されながらも、なおも楽しみを追求しすぎるならば、スキャンダルにまみれるようなことが起きてしまう恐れも…。

 というわけで、土星に見張られながらも、
適度な欲求分散によって、溜まったストレスや衝動を発散し、心身のよいバランスを維持できるよう心がけてくださいね
 山羊座が求める義務や責任ばかりでは、心身ともにすり減ってしまいますので、
天秤座金星の調和を取り戻すことが大切だと思う次第です

くる天 人気ブログランキング
[クリックでのご支援、よろしくお願いいたします♪]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント