10/31は牡牛座の満月(ブルームーン)

 来週31日の23時49分、蠍座太陽と牡牛座月がそれぞれ8.38度にて真反対に来ます(今月2回目の満月なので、ブルームーンとも呼ばれます)
 日本の満月図では、獅子座アセンダントのルーラーである太陽が、軸にも近い3ハウス末にあって、
9ハウス末でMCに近い月・天王星合とタイトなオポ
になっています
 3ハウス-9ハウスの葛藤ということで、移動や旅行、貿易、情報などが大きなテーマになることが予想されますが、
天王星は牡牛座8.41度で月とのオーブが小さいので要注意です。
 蠍座-牡牛座という不動宮でのオポジションで、どんなにハードでも、これまでの状況を変えたくない(変えようとしない)気持ちが強いにもかかわらず、
天王星がタイトに関わっているため、イヤでも変わらざるをえない、急転してしまうような状況を示していそう。

 とはいえ、旅行(このところ大々的になりつつあるGoToトラベルなど)に関しては、国民総出で盛りあげようとしている局面です。
 3ハウスには逆行中の天秤座水星も入っていますが、日本経済を示す2ハウスのルーラーで、双子座ドラゴンヘッドとトラインになっているので、
過去の損失分を取り戻そうとする動きはそれなりにうまく機能しそうです。
 しかし、この水星は疾病の6ハウスに入った山羊座木・冥・土のすべてとスクエアで対立しており、
山羊座木・冥は外国の9ハウスにある牡羊座火星ともスクエアですので、
移動が増えることによる感染増加の恐れ、外国からのビジネス目的の入国緩和などによる感染拡大の恐れを抱えながらの動きであることが明らかです

今回の満月の度数である牡牛座8度のサビアン・シンボルは
「雪がないところでのソリ」
で、
予期される状況に対して、予め手を打って準備をすることの重要性を示唆するものになっています。
 伝統的技術の所産であるソリと、
予見して未来に備える人間の能力という2つのことが入っているシンボルですが、
それぞれ6度の「渓谷に掛けられる建設中の橋」と7度の「サマリアの女」に対応し、両者を合わせた内容と考えられるとのこと。
 過去から培われてきた知識やスキルを、これからやってくる未来のために必要なものと突き合わせて使っていくことができるよう、
準備すべき段階
だと言うことができます。

●これに対して、太陽の度数である蠍座8度は「月あかりを浴びる静かな湖」で、意識の深層にあるものを静かに見つめて、浮かびあがってきた高次のインスピレーションを獲得する度数。
 7度の「深海のダイバー」が潜在意識のなかに自ら潜りこんでいったのに対して、
離れたところから見つめてインスピレーションを得るというわけで、
牡牛座8度とともに、対象に入り込んで同化していくことなく、距離を置いて見ることによって感覚を受容する内容となっています。。。

続く牡牛座9度が今回の満月に対応していますが、
「めいっぱい飾られたクリスマスツリー」
で、
8度の「将来へ向けての対処」を経たのちに、内面的な幸福を得ることの啓示となっています
 クリスマスツリーの発祥の地である北方の国々では、戸外にある木は剥きだしで雪に覆われていますが、
家々のなかに置かれたツリーは様々な飾りや家族への贈り物などを伴って、とても豊かで美しい幸福のシンボルになっています
 戸外の凍えるような寒さや不毛さを克服し、障害になっているものを取り除いたならば、
きわめて豊かな内面の充実に満たされることができる
ということを示している模様です。
 人生が巡る過程で、暗黒の思いや強い喪失感に見舞われ、パワーが落ちてしまっているようなこともあるでしょうが、
高みへ上昇していこうとする願いとともに、可能性は常に私たちに向けて開かれているのです。
 常に刷新していくサイクルを信じること。
 変容していく未来への鮮やかな信頼というようなキリスト教的意味付けも、ここには含まれているようですが、
そのような不滅の信頼を呼び起こすシンボルになっています。

●対する蠍座9度は「仕事中の歯医者」で、社会や自我のネガティブな結果を克服する度数になっています。
 永久歯は普通7歳で現れるようですが、秘教的には、それは私たちの自我が肉体的なことをコントロールできるようになる年齢と考えられています。
 歯は食物を噛み砕き、消化吸収へと向かわせる器官ですけれど、
社会生活に急き立てられるような日々や、食べ方の悪い習慣などによって、私たちはしばしば虫歯になるなどして歯が衰えていく恐れに直面しています。
 このような危機を技術によって乗り越えていくことの啓示で、
悪いサイクルを破壊しては打ち立てなおすためにも、発明というものが社会的に必要とされていることになります。

 今年置かれた全世界のハードな状況というものがありますが、
今後何が求められ、必要となっていくのかを予見し、スキルや技術の準備をしていくこと。
 そのような準備が整っているならば、クリスマスツリーを家のなかに飾って、精神的な幸福や充実感を味わうことができるでしょう。

 悪いサイクルは、時が来れば必ずよいほうへ向けて転換していきます。
 そういう「不滅の宇宙感覚」を持つことが、心の支えになるでしょう。

 クリスマスツリーによる内面の充実を得るためには、歯医者が駆使するような「スキル」が必要になります。
 実践力を身につけようとするならば、まずは技術的なものをしっかり確保すること。
 自然のままでは寒さに凍えることになってしまいます。
 今回のシンボルは「技術革新を怠らないことが、精神的な幸せにも繋がっていく」という真実を示しているように感じます

 この満月は、11/15の新月まで2週間余の期間をかけて収縮していきます。
 満月を過ぎたら、無駄なものを省いてデトックスへと向かいましょう。
 それでは、よい満月をお迎えください

くる天 人気ブログランキング
[クリックでのご支援、よろしくお願いいたします♪]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント