初秋に食べたいキノコ鍋

IMG_0206.JPG
 急速に涼しい日が増えてきた今日この頃、
猛暑で溜まった疲れがどっと出てくる時期でもあります
 涼しい日の夕食に食べておきたいのが、キノコをたっぷり投入した「キノコ鍋」
 作り方は超簡単ですが、
夏の疲れをリセットしてくれる効能に満ちた優れものです

キノコは3-5種類ほど用意する。
 石突を落として、食べやすい大きさに裂いておく。

 鍋にクコの実と水を入れて、中火にかける。
 (あれば、油揚げを油抜きしないまま、2-3ミリの千切りにして加えるとコクが出るそうですが、
私は今回油揚げを忘れて豆腐を後で加えました…)
 沸騰したら弱火にして、少々煮る。

 その後、大量のキノコを投入して蓋をし、さらに弱火で5分ほど煮る。
 (私はネギの青い部分が冷蔵庫にあったので、その後加えました)

●薬味の案として…
①豆板醤+ごま油
②黒酢+醤油+ごま油
③あら塩

ですが、柚子胡椒などもいいと思います。
 好みの薬味をつけて、いただきましょう。

 何種類かのキノコを組み合わせることによって、うまみが出ます。
 キノコの歯ごたえとコクのあるスープが、いい感じです。
 キノコには食物繊維がたっぷり含まれるため、快腸効果が期待できます。
 お腹のお掃除をしましょう
 食物繊維には、コレステロールや脂肪の吸収を抑える働きもあって、
生活習慣病対策として優れた働きをしてくれます。

 9月になると、毎年思いだして作ります
 体調を整えるのによい食べ方だと思いますので、不肖ながら紹介させていただきました

くる天 人気ブログランキング
[クリックでのご支援、よろしくお願いいたします♪]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント