火星と山羊座3星、ジュノー、金星がグランドクロスへ突入!!

 コロナウイルスの感染状況ばかりに目が行きがちな昨今ですが、
実は不穏な出来事が世界各地で起きています
 繰り返し申し上げていますように、
来年1月まで続く長期・牡羊座火星の真っただ中で、先月末から順次、山羊座木星、冥王星とのスクエアを形成してきたからです。
 8月後半に火星-木星のアスペクトは抜けたものの、今月8日からは山羊座土星とのスクエアが加わって、
権力や社会構造に対するアグレッシブな動きが加速

 その上、実は人間関係における権利の主張を表すジュノーが天秤座にあって、
7月初めあたりから火星とオポ関係
を維持したまま、度数を上げてきています。
 そのため、ジュノーを入れればTスクエアという状況も、先月末から続いていたのですが、
ここに現在、蟹座金星が絡もうとしています。
 すでに木星、冥王星とのオポ、ジュノーとのスクエアには入っており、
28日には土星とのオポ、29日には火星とのスクエアも成立して、
かなりきついカーディナル・グランドクロスが形成される見込みです

 火星に対する山羊座の星たちのスクエアにおいては、やはり権力構造への反発に基づく出来事が増えているように感じられます
 そこに天秤座ジュノーが関わっているのですから、なおさらでしょうが、
●例えば、9日に大統領選が行われたベラルーシでは、ロシアのプーチン大統領が6選が発表されたルカシェンコ氏を祝福したのに対して、
EUが「結果は偽造されたもの」として批判。
 24日には大統領の辞任を求めて10万人が集結するなど、混乱が続いている
模様で、
対立候補だったスベトラナ・チハノフスカヤ氏の代理人である、反政権派の幹部2人も拘束されたとのこと。。。

●また、上記とは別件なのでしょうが、
ロシアの反政権活動家であるナバリヌイ氏が、20日に飛行機の機内で突然意識不明に陥り、
現在、治療にあたっているドイツの病院にて毒物による中毒症状を示しているとの診断がなされた
ということもありました。
 最初に入院したロシアの病院では「毒物の痕跡を示す物質は検出されていない」とされたものの、
妻や側近らが「政権に毒を盛られた」としてヨーロッパの病院への転院を求めたとの経過があり、
過去にもロシアの関与が疑われる毒物事件は複数回起きていることから、ロシアへの疑いの目が強まっている模様。

●そして、アメリカのウィスコンシン州では、23日にまたしても黒人男性が警官に背後から7回発砲され、下半身不随状態になるという事件が起きました
 3カ月前にミネソタ州で起きた黒人男性死亡事件に端を発した「人種差別根絶を求める抗議活動」が、現地で再燃し、
一部が暴徒化して放火や略奪に走ったため、州知事が非常事態宣言を出した
とのこと。
 25日夜には10代の少年が発砲して2人が死亡、1人が負傷というようなことも起きたそうで、
混乱が続いている模様です。
(テニスの大坂なおみ選手も、黒人男性銃撃に抗議の意を表するために、準決勝まで勝ち進んでいたツアー大会を棄権しました…)

● 24日には、フィリピン南部ホロ島の市内で2件の連続爆弾テロが発生。
 死者16人、負傷者75人とのことです。

26日には香港警察が、昨年7月に起きた抗議活動に絡んで、民主派の主力政党である民主党の議員2人を含む16人を逮捕。
 民主派はこれに強く反発しています。

 というように政治権力を巡る過激な事件が多発しているのも、
山羊座冥王星や土星に対して、アグレッシブな牡羊座火星が強力に対立しているからだと思われます。

 29日以降ここに蟹座金星が絡むと、
男女間や家族間の事件が起きる恐れも出てくるのではないかと、懸念しています

 9月上旬までは金星が関わり、中旬いっぱいはジュノーも絡むことから、
政治権力や社会構造レベルのことのみならず、個人的な愛憎関係についても気をつけていただきたいと考えます。
(それを抜けても、10月末までは火星と山羊座の星の対立は続きますので、警戒は気長に)

 暑さが厳しい折ですので、なるべくカッカしないようにいたしましょう

くる天 人気ブログランキング
[クリックでのご支援、よろしくお願いいたします♪]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント