火星のアスペクトによって暴力事件や火災、異様な暑さが起きている!!

 牡羊座火星は今日未明まで山羊座木星とオーブ6度のスクエア圏内にありましたが、
山羊座冥王星・土星ともそれぞれオーブの少ないスクエアとなっています
 火星は来年1月上旬までという長期間、牡羊座に滞在しつづけるわけで、
その間に、今年山羊座末でコンジャンクションになっていく3外惑星たちと、スクエア葛藤に陥っていくのが、
今年末までの危険な兆候となっている
次第です。
 木星とのスクエアはここでいったん離れるものの、
土星とは10月中旬まで、冥王星とは10月末までスクエアで対立する
ことになり、
様々なアクシデントやトラブルが予想されます

 そもそも火星は牡羊座のルーラーなので、最高にパワフルな配置であり、衝動的エネルギーを発揮しやすいわけですけれど、
その牡羊座火星の勢いに対して、山羊座土星が規制をかけて抑圧し、ストレスフルな状況に陥らせることによって、
アクセルとブレーキを同時に踏むようなことが起きてくる…(政府のGoToトラベルと、知事たちの帰省自粛要請など)。
 そして、7月末から入っていた山羊座冥王星とのスクエアでは、
社会的制限のなかで逆にパワフルさが強力になって、危険なところへも思いきりよく突入していってしまいそうです。。。


 昨日から今日にかけて、これらのアスペクトに起因すると思われるいくつかの出来事が起きましたので、
警鐘を鳴らすためにも、この記事を書くことにしました。
●昨日17日の15時半頃、名古屋市内の郵便局にナイフを持った24歳の男が押し入り、50代の女性客を人質にとって200万円を要求。
 現金221万円を奪い、女性を連れて逃走したものの、約20分後に路上で身柄を取り押さえられ、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された
とのこと。
 この間、駆けつけた警察官が郵便局付近と確保場所近くで2発発砲したそうで、
いかにも牡羊座火星スクエア的な流れになっています。。。

●さらに、今日18日の午前5時半頃には、小田原市の住宅の窓ガラスが割れているという通報があったそうですが、
この家は破門された70代の元暴力団幹部宅
とのこと…。
 銃弾が撃ち込まれたような痕が少なくとも2カ所見つかったそうで、通報者の男性も午前2時頃に発砲音のような音を聞いていることから、
県警は発砲事件と見て器物損壊容疑などで捜査を始めた模様。

●暴力事件ではありませんが、
今日の同じく5時40分頃には愛媛県四国中央市のバイオマス燃料の製造工場にて、建物1棟を全焼する火災があったとのこと。
 機械や燃料パルプが燃えているのを従業員が見つけて通報し、消防車20台が駆けつけた大きな火事だったようです。

 明日あたりまでは火星-木星のスクエアの効力も残っていることを思えば、牡羊座火星の衝動性や熱が大きくなり、
冥王星とのスクエアも加わって、いっそうパワフルに性急なエネルギーや熱を放出してくる…。

 刃物や銃、アクシデントはもちろん火星のシンボルとも言えますけれど、
いずれの事件も土星とのスクエアによる抑圧の強さから、過激なアクションが起きている可能性が高く、
火星-土星のハードアスペクトが事故運と関わるとされる所以です


★事件ではなく自然現象ではありますが、
このところの異様な暑さも牡羊座火星のアスペクトが関わっていそうです。
 火星は他方では、獅子座太陽・水星とのトラインが続いていまして、
こちらの火のエネルギーの強化もあって、40度を超える地域がいくつか出てきているとも考えられそうです

 東京23区では熱中症による死者が8月に入ってから、79人に上っているとのことです
 また、カリフォルニア州デスバレーでは54.4度を記録したそうで、
世界気象機関(WMO)によれば、「専門家の検証を経て公式記録として認証されると、1931年以来もっとも高い気温となる」とのことですから、
本当に生きていくのがたいへんな暴力的暑さになっていると言えそうです

 来月中旬から火星が逆行を始めると、
火星の暴力性はいっそう手に負えないものになる恐れがあります

 まずは10月末までのハードアスペクトがある期間を、つつがなく乗りきっていきましょう

くる天 人気ブログランキング
[クリックでのご支援、よろしくお願いいたします♪]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント