山羊座末水星から水瓶座はじめの水星への移行で起きたこと

 先週お伝えしましたように、水星は17日午前3時32分に水瓶座入りしました
 山羊座という保守的・社会権力的なサインの終わりに位置していたときと、
革新的な水瓶座に踏み込んでからの出来事には、それぞれ興味深い特色がある
ように感じましたので述べてみたいと思います。

●まず、15日夜10時台には河井前法相夫妻が、2カ月半の雲隠れから一転して姿を現し、記者団の取材に応じるという出来事がありました。
 その日に事務所や自宅などの関係先が家宅捜索されるということがあったからのようですが、
水星は山羊座25度あたりで、山羊座土・冥との合にはまっていました。
 いよいよ社会的なポジションが危うくなり、自分の立場を表明せざるをえなくなったということでしょうか。。。
●同じく15日には米中両政府が、通商交渉の「第一段階の合意」の文書に署名したとのことで、
11月の大統領選で再選を狙うトランプ氏が、中国への輸出拡大という成果を誇示し、農業票を固めたいというもくろみのようです。
 つまりは自分のポジションを維持するための、合意ということになるでしょうか。。。

16日午前には、新年恒例の「歌会始の儀」が行われ、天皇陛下は即位後初、雅子さまは17年ぶりのご出席とのことでした。
 水星の度数は13時過ぎまで山羊座28度でしたので、言葉を司る水星が権威的かつスピリチュアルな意味を持つ度数での歌会始となりました
●しかし、16日の午後(だと思われますが)には、山羊座29度のどん詰まり的度数の水星のもと、
カルロス・ゴーンの弁護団の二人の弁護士の方が、弁護人を降りることを発表。

 社会的立場を重んじる山羊座の最後の度数にて、辞任の発表があったのは、なるほどと思いました
●その他にも、新型コロナウイルスの感染者が日本国内にいることが初確認されたということが、厚生労働省から発表されたのも、
16日午後
のようです。
 30代の中国人男性とのことですが、空港などでの水際対策が急がれます。

 というような山羊座末の水星のもとでの出来事でしたが、
17日未明に水瓶座水星になった後には、下記のような発表がありました。
●まず、小泉進次郎さんが17日の深夜にご長男が生まれたことを公表されました
 立ち合い出産とのことで、「深夜」という表現をされていたので、水瓶座水星に入った午前3時32分より前の出産かもしれませんけれど、
そのことを発表した(=水星)のは水瓶座水星のもとでの出来事。
 進次郎さんは大臣の立場で「育休をとる」ことを以前より宣言されていますから、
その意味でも、水瓶座水星的な出来事の始まり
かと思います。
[それにしても、山羊座太陽・土星・冥王星が合、水星が山羊座末か水瓶座0度というお子さんが生まれたのは、さすが政治家の家系です。
お爺様の純一郎氏も山羊座太陽ですから、今後の成長が楽しみですね。
ちなみに月は天秤座中盤のようです。
進次郎氏は牡羊座が強く、カーディナルの星が多いですが、このご長男は山羊座と地のサインの星が強いお子さんということになります]
●17日にはもう一つ、水瓶座水星的な話題がありました。
 国際地質科学連合が、約77万4千-12万9千年前の地質時代を「チバニアン(千葉時代)」と呼ぶことを決定したのです
 千葉県市原市にある地層が、この時代の始まりを明確に示していると判断しての決定のようですが、
地質年代に日本の地名がつくのは初めてとのことで、
このようなトピックは科学的論理的な水瓶座水星の始まりにふさわしい出来事だと感じました。

●そして18日には、イギリスのヘンリー王子の王室離脱に関して「エリザベス女王が王族の称号を剥奪し、公金も断つ決断をした」との決定が公にされ、波紋を呼んでいます。
 ヘンリー王子はこれを受けて、「深い悲しみ」を表明したとのことですが、
水瓶座水星-牡牛座天王星のスクエアのもと、情を交えない女王の決断が公表されたものという印象です。

●さらに今日は国会が始動しましたが、
昨年秋の疑惑発覚以来、長らく雲隠れしていた菅原前経産相と河井前法相夫妻が姿を見せ、記者の取材に応じた
とのこと。
 やはり、水星-天王星スクエアによる弁明のように感じましたが、果たして国民を納得させる発言になっていたでしょうか。。。

 以上、水星の山羊座末から水瓶座はじめへの移行とともに生じた出来事について、
興味深かったので述べてみました

くる天 人気ブログランキング
[クリックでのご支援、よろしくお願いいたします♪]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント