ラメールアリス 神秘の扉

アクセスカウンタ

zoom RSS 横綱 白鵬の星は?

<<   作成日時 : 2017/07/25 19:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 大相撲・名古屋場所にて2場所連続39度目の優勝を成し遂げ、歴代最多の通算勝利数を1050まで伸ばした横綱・白鵬―。
 蟹座の稀勢の里が怪我から来る不調で休場した後、やはり強さを発揮して通算勝利数の新記録まで打ち立てた。
 1985年3月11日 モンゴル ウランバートル生まれとのことで、
なんとこの方も魚座太陽だった。
 このところ蟹座太陽の方々の活躍ぶりが目立っていた(将棋の藤井聡太四段や、小池東京都知事…の他に、松居一代さんなどなど)ように感じていたが、
魚座の私としては魚座太陽の人にも頑張ってほしい

 が、魚座太陽の人も、何らかの啓示が降りてきたようなときには、他のサインの人たちよりも強力になることができるのだ!
 スティーブ・ジョブズだって魚座だし、運動選手で言うならサッカーのカズやラグビーの五郎丸、フィギュアスケートの高橋大輔…古いところではかの長嶋茂雄さんだってそうだった。。。

 というわけで、白鵬はと見ると、
太陽は魚座20度あたりで月は蠍座であり、
生まれた時間が早ければ月が蠍座始めの冥王星と、遅ければ蠍座末の土星と合ということになる。
 テレビ中継で白鵬のお母さんが出ていたのを見たが、
とてもしっかりした品格のある方で、「さすが、横綱を育てただけある!!」と感じた。
 月は母も表すゆえ、冥王星と合で、目的を設定した際にとても集中力を発揮できる心の持ち主ということはありうるのではないかと思う。
 太陽-土星のトラインはあるので、粘り強く努力していけるパワーも備えているはずだ。

 そんなふうに水のサインが4星と強く、うち蠍座が3星なので気持ちの粘りは強く
また魚座太陽の霊的直感や不思議な閃きも持っていると思われる。
 が、この方が勝負強いのは、水星、金星、火星が牡羊座にあって、
前向きで積極的な強さと本能的勝負師の面を持っている
ことだろう。
 私も牡羊座水星なので感覚はわかるのだけれど、
「負けても、さほど尾を引きずらず、次へ進める」のは、このような勝負の場では強力な力になるだろう。
 この水星は水瓶座木星とセクスタイルで、それなりの判断力もあるが、
山羊座海王星とはスクエアで、やはり何らかの霊力を求めており、そのようなものと繋がったときには強い!!
 金星は射手座天王星とトラインで楽しいことが好きで、恋にも前向きというふうだが、
相撲にとって重要な肉体エネルギー火星が金星と合である。
★金星・火星からして、もちろん恋愛を強く求めるところもあるのだろうけれど、
この牡羊座22度の金星、27度くらいの火星に対して、現在T天王星が28度でタイトに乗っている。
 火星・天王星はいかにも競技や試合のようなイメージであるものの、普通には事故運を示して危険のシグナルである。
 だが、今年はたまたまT射手座土星が長らく、このT牡羊座天王星とトラインで、またこのところは獅子座末のTドラゴンヘッドも加えてグランドトライン的配置になっていることから、
白鵬の火星(+金星)もグランドトラインの一角をなし、名古屋場所での活躍を実現することができたのだろう

★彼が横綱になったのは2007年7月場所だというが、
その際にはT射手座木星が水星とトラインですぐれた判断力を持てた上、
T獅子座土星とT射手座冥王星のトラインが、やはりちょうど彼の牡羊座金星・火星をグランドトラインにしていた。

 そのようなエネルギーの流れを掴んで、ポジティブにかつ霊的直感力を持って、上がってきた人なのだと感じた次第です。
 評価はいろいろあるようですけれど、勝利数の記録を伸ばしているのは、やはりすごい!!
 稀勢の里が復活したら、二人で日本の相撲界を盛りあげていってほしいものですね

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横綱 白鵬の星は? ラメールアリス 神秘の扉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる