ラメールアリス 神秘の扉

アクセスカウンタ

zoom RSS 次期仏大統領マクロン氏の星とは?

<<   作成日時 : 2017/05/09 19:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 5/7のフランス大統領選の勝利者となったエマニュエル・マクロン氏は、39歳とのことで史上最年少のフランス大統領となる。
 1977年12月21日 午前10時40分 Amiens France生まれで、
その出生図はこちらになる。
 射手座29度の太陽と逆行水星、他に金星・海王星の合という計4星が射手座に位置する強度の射手座となっている。
 すぐにピンと来るのは、T土星が射手座27度で太陽・水星に乗っており、T天王星(牡羊座25度)やTドラゴンヘッド(ミーンノードは獅子座29度)とトラインになっていることだ[トランジットのグランドトラインに、自分の太陽・水星が絡んでいる!]
 N太陽に対してT天王星が調和すると、社会的によい変化の波がやってくる。
 天王星は7年ほどで1サインを通っていくので、自分に太陽にとってトラインになるのは一生のうちでも、そうそうあることではない。

 確かにN太陽・水星に対してT土星が乗っているため、重い重圧がのしかかっていることは間違いなく、
悪くすれば健康にも要注意の時期ではあるけれど、
土星は現実の形を作らせようとするという意味で、マクロン氏にとって今回強い働きをしたのは間違いない。

 出生図で、彼の太陽・水星は蟹座1度の木星とオポになっている。
 国のために働こうとして、射手座的に手を広げすぎて、たいへんなところへ向かっていきそうだが、
太陽・水星は乙女座0度の土星とはトラインで調和し、
実際的な手腕や分析力によって堅実なパワーを発揮できる面も強力である。
 また、獅子座11度の火星は射手座海王星とトラインで、熱く理想へ向かおうとする情熱から、めざましい発想やアイディアが生まれてくる力を持っている。

 月は牡牛座14度で、火星や蠍座14度の天王星とTスクエアとなっている。
 私生活で24歳年上のブリジットさんと結婚していることが話題になっているが、
月は妻や女性を表すので、このような込み入ったハードアスペクトを持っていることが、かなり年長の女性を妻にした内的要因にもなっているのだろう。。。

★ともあれ、そのブリジットさんは太陽・月・金星が牡羊座19-23度でトリプル・コンジャンクションになっているという強度の牡羊座女性(チャートはこちら)であり、
太陽・金星はマクロン氏の射手座の4星とトラインであり、19度の月も彼の金星・海王星という愛情面におけるロマンティストな要素に対してトライン。
 金星どうしも射手座21度と牡羊座22度でタイトなトラインである上、
男性にとっては好みの女性を表す金星がブリジットさんの月(女性らしさを表す)に対してトライン
 とても好みのタイプの女性というわけで、
15歳の学生だったときに、40歳で3人の子持ちの既婚者だった女性教師に思い入れるという、ちょっと日本では考えにくいことになったのであろうか。。。

 その上、彼の牡牛座14度の月は彼女の17度の火星とコンジャンクション(合)でもあるから、
エネルギッシュな妻によって気持ちの上でパワーを貰っている(けしかけられている)という関係にもなっている。
 ただし、このブリジットさんの水星は魚座25度で、水星としては半意識的思考のぼんやり型。
 マクロン氏の射手座29度の水星とスクエア関係、火星どうしも彼が獅子座で彼女が牡牛座でスクエアなので、
考え方などで対立すると頑固なケンカに陥る恐れもあり。

 大統領選には勝ったものの、確固たる政権基盤があるわけではなく、反ルペン票が流れた結果と見る向きも強いようだ。
 6月の総選挙で安定した基盤を得られるかどうかが、次の関門となる。
 まさにトランジットの土星の重圧がのしかかっている感じだけれど、
その厳しさを乗り越えてフランスの新しいリーダーになっていくことを期待したいと思う

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
次期仏大統領マクロン氏の星とは? ラメールアリス 神秘の扉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる