ラメールアリス 神秘の扉

アクセスカウンタ

zoom RSS 牡牛座の資質を考える…

<<   作成日時 : 2017/05/03 20:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

牡牛座太陽も、そろそろ中盤。
 山羊座冥王星とのトライン120度にも踏み込んで、そのパワーをいかんなく発揮しようとしています。
 GW真っただ中の今、牡牛座の性質について押さえておきましょう

 魚座太陽の私は、セクスタイル関係にあたる山羊座や牡牛座には、よい友人がいます。
 ともにマイナスサインのため、どちらかが積極的に働きかけてくるという感じはない(プラスサインの人は、どんどん誘ってくる印象があります)けれど、
無茶ぶりもなく、安心して関われる相手と言えます。

 牡牛座太陽も、人によってどこに牡牛座らしさが表れるかは様々ですが、
牡牛座の説明によく書いてあるように、確かに五感の発達している人が多いです。
 太陽のみならず、牡牛座月の人にも言えることですけれど、
例えば歌がうまかったり、音楽の資質がある、バンド活動をしている、あるいはクラシック音楽に携わっているような人に、牡牛座のポイントが利いていることはよく見かけます。
 または、料理に関心のある人、料理が上手な人、こだわる人が男女問わず多く、そうでない場合も自分なりの味覚というものを持っていて、食べ物について「どうでもいい」というようなことは言わない。

 というように、五感といえば「視覚・味覚・聴覚・触覚・嗅覚」ですが、
そのどれか(またはすべて)が発達しているケースが多いことは間違いありません。
 魚座も牡牛座もマイナスサイン(女性サインとも呼ばれる)で、陽に対する陰であり、
能動的に外界に働きかけるよりは、受動的に外界から受け取る資質なのかと思うわけですけれど、
この「受け取る」という性質によって感覚や感性は磨かれ、発達するように感じています。

 牡牛座の知り合いは何人もいますが、
男性でもその人なりの美意識が強いことが多く、おしゃれさがどこかにあったり、持ち物にこだわりがあるケースを多々見ます。
 牡牛座の説明でしばしば目にするように、価値の高い本物、値の張る宝石やペットなどを好んで所有する牡牛座太陽の友人もいます。
 やはり、よく牡牛座の項目で読むように、自分が納得するまでは事をなかなか始めないスロースターターであるようですが、
いったん着手したことは地道に続け、手放さないし、簡単には去らない。

 地のサインとしては、自分に必要なものを揃え、所有・確保することを大事にし、
不安定な状況やスピーディーな展開には馴染まずに自分のやり方を貫こうとする。
 頑固で、自分を変えられない気質が強く、
反面、モノが揃わない場合には心配性や不安に陥りがちのように見えます。。。

★このような牡牛座に生命力の源である太陽が通っている今月中旬までは、
美意識や味覚にこだわりを持ってみると、得られることが大きいでしょう
 好きな音楽を聴いたり、あるいは演奏や歌を試みたり、
美術館に出かけたり、絵を描いてみる、陶芸などをしてみる。
 食べ物に対しても、なおざりにせず、グルメを堪能したり、あるいは気になるレシピを試してみる。
 嗅覚としては、匂いに敏感で香のものを嫌がる牡牛座もいるようですが、
そうでなければ良質の石鹸やフレグランス、お香などを生活に取り入れてみましょう。
 触覚は衣服やタオルなど肌に触れるものの材質へのこだわり(私はシルクやオーガニックコットンが大好き!!)もあるでしょうし、
マッサージなどの施術を受けること、スキンシップなどで満たしてみるといいのかも…。

 牡牛座が対応する2ハウスは所有のハウスとしてお金を得ること・使うことに関わるとされていますが、
他方では自分の肉体も物質であり、それを心地よく整えることは牡牛座の大きなテーマです。
 薫風香る爽やかな5月、
そのようなことを意識して、連休を優雅に過ごしてみてはいかがでしょうか

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
牡牛座の資質を考える… ラメールアリス 神秘の扉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる